尼崎市、園田駅徒歩2分の歯医者|アキ歯科クリニック

MENU

Blog

ブログ

定期検診

Pocket

皆さんはどういう時に歯科にかかろうと思われますか?
歯石がついてきたから取って欲しいと来られる方、痛みや歯がしみる・歯ぐきが腫れたなどの気になる症状が出て来られる方、定期的に検診で来られる方・・・。
何かしら症状が出た時にはもちろん受診して頂きたいのですが、実は症状が出た時にはかなり病状が進んでいることがあるのです。

<歯科の2大疾患は虫歯と歯周病です。>

2大疾患の1つ「虫歯」

虫歯に関してはある程度進むと冷たいものや甘いものがしみてきたりしますが、その虫歯の場所によっては症状が出にくいところもあります。そんな場所の虫歯が疼き始めた場合はもうすでに神経の近くだったり、深く進んでしまって歯ぐきの中に虫歯が広がり最悪の場合歯を残せないということもあります。

また、患者さんからよく驚かれるのですが、虫歯は治療した歯ほど再発しやすいのです。
一番強い防御壁は継ぎ目のない天然の歯です。その壁を削ってしまうと最強の防護壁は崩れてしまいます。そこに人工のもので修復して治療するのですが、どんなに精巧に治療しても継ぎ目があります。虫歯の原因は細菌です。顕微鏡でやっと確認できる大きさなので、その継ぎ目から虫歯菌が侵入してしまうこともあります。

虫歯ページはこちら>>>一般歯科ページ

2大疾患の1つ「歯周病」

もう一つの歯周病はサイレントキラーという別名も持っています。初期の段階では自分では気付きにくく、歯茎が腫れてる・歯が揺れてきたなどの自覚症状が出てきた時にはすでにある程度進行していることがあります。
そして歯周病は完全に修復するということが難しい疾患です。歯周病で失われてしまった歯槽骨(歯を支える骨)はそう簡単には元通りにはなりません(むしろ元通りになることはかなり難しいです)し、一度歯周病にかかってしまうと治療期間も長くなることもあります。

歯周病ページはこちら>>>歯周治療ページ

そして虫歯も歯周病も細菌感染です。最近では全身の健康にも影響を及ぼすということもわかってきました。お口の中だけでなく全身にもいかに感染を広げないかが大事になってきます。

ですので、症状が特になくても、歯科にかかられることをお勧めします。そこで何かが発見されるかもしれませんし、何もなければ一安心です!また、何もなければ、お口の中のクリーニングでむしろ心地よい時間を過ごしていただけると思います。そして、さらに良い状態を保てるようなアドバイスもお伝え出来ると思います。

よく患者さんからいつまたはどのくらいの間隔で検診に行けば良いのか質問されます。答えは簡単に言えばその方によって違います。
虫歯になる危険性が高い方、歯周病の危険性が高い方、どちらの危険性もある方、その他の気になる事(親知らずや顎関節症、くいしばりや歯ぎしりなどの習癖がある方)がある方、それぞれの段階があるので、一度拝見して、あなたがどのような状態なのか、そしてあなたに適した検診の受け方をお伝えさせて頂きます。

<まとめ>

あるデータによると、定期検診を習慣にされた方と、定期検診を受けていない方とでは、50年間の治療費が300万円も違うと言われます。そして治療になると回数もかかるため、時間も費やします。
定期検診を受けることは、結果的に健康も守れて、お財布にも優しく貴重な時間も節約できるのです。

栄養は主に食べる事で摂取します。食べる事が健康維持に直結します。その健康を守る事が、私たち歯科医師の役目だと思っています。

ぜひ、今何も症状がない方でも、一度検診を受けてみましょう。