MENU

General dentistry

一般歯科

一般歯科

一般歯科とは、保険適用でできる治療範囲のことを指します。

当医院では、虫歯治療、歯周病治療、入れ歯、小児歯科、親知らずの抜歯などがあたり、多くの治療を保険の適用範囲で受けることが可能です。
本ページでは特に「虫歯治療」と「歯の検診」について記載します。

虫歯治療

虫歯は歯周病と並び、歯の2大疾患の1つと言われています。一言で虫歯といっても、その進行度により治療方法が変わります。また虫歯はその性質上、再発のリスクもあるため、早期発見・早期治療により再発リスクが少ない時に対処した方が圧倒的に予後の経過がよくなります。

虫歯とは

皆さんはミュータンス菌ってお聞きになったことはありますか?虫歯の原因になる菌で有名な菌です。その虫歯の原因になる菌は、磨き残しがあるとプラークが溜まり、それをえさにします。その際に歯を溶かす酸を作り出し、その状態が続いてしまうと歯に穴が開いてしまい、虫歯になります。

通常、歯が溶かされた場合も歯の再石灰化により歯は修復しますが、その歯の修復スピードを超えて、歯が溶かされる状態が続くと虫歯が進行します。

また、砂糖の摂取量や回数が多かったりすると、菌の活動も活発になるといわれています。

虫歯の進行段階とその治療

虫歯はその進行具合によって、治療方法や治療方針も変わります。
なるべく早いうちに、虫歯を治療することで予後がよくなります。

ごく初期の虫歯
  • 状態:歯に穴は空いていないものの、表面が溶け始めている状態。
  • 治療方法:ブラッシング指導や、フッ素塗布、歯のクリーニングなどで対応し、様子をみます。
エナメル質の虫歯
  • 状態:エナメル質が溶け出し、黒い着色がある状態。象牙質にまでは虫歯は到達しておらず痛みなど自覚症状もない。
  • 治療方法:基本的にはエナメル質内での虫歯は削らず、ごく初期の虫歯と同じ対応をします。虫歯でくぼんでしまい歯磨きしても磨き残ししやすい状態であれば、虫歯部分を削り、コンポジットレジンと呼ばれる白いプラスチックの素材を詰め、歯磨きしやすい状態にします。
象牙質の虫歯
  • 状態:エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行している。時々しみるような痛みがある場合がある。
  • 治療方法:虫歯部分を削る。その後*コンポジットレジンで対応できる場合もあるが、インレーでの治療になる場合もある。
神経に到達した虫歯
  • 状態:虫歯が神経まで到達した状態。何もしなくても痛みがある(中には無症状で治療で触り始めると痛みが出てくる方もいらっしゃいます)。
  • 治療方法:歯の神経を除去し、根管を清掃。その後シーリング材を充填します。歯の空いた部分には、コンポジットレジンや、インレー、またはクラウンで被せ物をするなどを行います。いわゆる根管治療を行います。
歯根にいたった虫歯
  • 状態:虫歯がもっとも進んだ状態で、歯茎の中(歯を支える骨の中)まで進んでしまった虫歯です。
  • 治療方法:ほとんどの場合は抜歯の対応になります。
*コンポジットレジンとは

保険適用できる白いプラスチック素材です。初期の虫歯では、コンポジットレジンでの治療が可能です。

*インレーとは

歯の詰め物のことで、保険での治療となると銀色の詰め物になります。コンポジットレジンとの違いは、その強度です。歯の欠損部分が多く詰め物が多く必要になった際に、インレーが採用されます。自由診療では、セラミック等でのインレーも選択可能です。

歯の検診

当医院では、歯の検診を重要視しています。

その理由は、歯の定期的な検診によって患者様の「健康な歯」をより安価に保持できるからです。例えば虫歯であれば、初期虫歯の場合、歯の再石灰化の作用により削ることなく虫歯治療を行える可能性がありますが、重度の虫歯の場合は、最悪の場合歯を抜くという選択肢しか残されていない場合もあります。

歯の検診を行い、予防に取り組むことで歯の健康を守りましょう。

歯の検診の有効性と目的

歯の検診は、以下の3つの目的があります。
それぞれ解説します。

虫歯の早期発見

冒頭でも書きましたが、初期の虫歯の段階では、虫歯の原因を除去し再石灰化を促すことで自然治癒が見込めます。しかし、放置すれば当然虫歯が進行し、歯を削る治療を行う可能性があります。また虫歯の進行度が高くなればなるだけ、歯を削る部分は大きくなったり、治療費が高額になる傾向があります。

痛みなど自覚症状がない段階で、虫歯を発見する方法は現在は定期的な歯の検診のみです。患者様の歯の健康だけではなく、貴重なお時間や、お金を守ることができる歯の検診が非常に大事であることがわかるでしょう。

歯周病の早期発見

歯周病は虫歯以上に自覚症状を感じるのが難しい病気です。また歯肉炎や軽度歯周炎の軽度な歯周病であればプラークコントロールによる治癒が見込めますが、破壊された組織などは元には戻りません。30歳以上の8割が発症するという歯周病はですので、軽度の歯周病を早期発見できる歯科検診の有効性は、ご理解いただけることでしょう。

治療費用の削減と治療期間の短縮

前述の通り、歯科検診によって虫歯や歯周病の早期発見ができることがわかりました。早期発見であれば、予後の経過もよく治療期間を短縮することが可能です。また、中日新聞に掲載されたトヨタ関連部品健康保険組合(愛知県豊田市)の調査によると「その結果、定期受診の人は48歳までは総医療費が平均より高かったが、49歳を過ぎると平均を下回る分布傾向となった。65歳になると平均が35万円に対し、定期受診の人は20万円以下とその差は広がっていく。」(島崎諭生)とあるように、歯科の定期検診によって生涯の医療費を抑えられることがわかっています。

費用を抑えつつ健康で美しい歯を保てる定期検診は、生涯を自分の歯で過ごしたい方にとって強い味方になるでしょう。

当院の歯の検診メニュー

一般的な流れです。

1問診
症状がある場合、お悩み、気になることなど、何なりとお話しください。
2視診・触診など
お口の中、症状に関した部位を拝見します。
3X線撮影
必要に応じて撮影いたします。
4口腔内写真撮影
必要に応じて撮影いたします。
5歯周組織検査
歯茎の検査です。歯と歯茎の溝の深さや、歯茎の形状・色、出血などないか、歯の揺れ具合等もチェックします。
6現状と治療方針の
説明
幾通りかの方針を説明し、患者様の希望も聞きながら一緒に治療法を考えていきます。