MENU

Oral surgery

口腔外科

口腔外科とは

口腔外科は、虫歯や歯周病を治療する一般歯科と異なり、口内から顎を含む部分の病気を扱います。治療内容はケガや抜歯などの外科的な治療も含み、多岐にわたります。親知らずやケガ、口内炎や口腔粘膜の異常など、ご不安な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

主な治療内容

抜歯

抜歯の対象となる歯も様々です。歯周病や深い虫歯、歯の破折により抜歯せざるを得なくなったもの、様々な理由で抜くのに大変そうな難抜歯、完全に歯茎の中に埋まっている埋伏歯、親知らずの抜歯など様々で当院では抜歯の必要性を含め、的確な治療を行います。患者様の歯の状態や体調などによっては、歯を抜くのを専門とする口腔外科専門医が当院で抜歯させて頂くことや、提携している病院の口腔外科にご紹介させて頂くこともあります。

顎顔面の外傷

「顎顔面外傷」は、顔の皮膚・口の中の粘膜の損傷、顎顔面骨の骨折、歯の破折、歯の脱臼など顔面に負った外傷のことです。原因は、交通事故、作業中の事故、転倒、殴打など様々です。

負傷した部位にもよりますが、審美面での変化も問題となります。早期治療を行うことで機能・審美性の回復も可能ですので、お早めにご相談ください。

口腔粘膜疾患

「口腔粘膜疾患」とは、歯肉、舌、頬など口の中の粘膜に発症する病気です。よく見られる「口内炎」、聞きなじみのない「前癌病変」、時々テレビなどでも取り上げられる「口腔癌」などが挙げられます。

口内炎

歯を原因としない口腔内の炎症に「口内炎」がありますが、これは舌や頬、唇などの粘膜に炎症が生じるものです。軽症で治るものが多いのですが、長引いたり再発を繰り返す場合は受診してください。

口腔の腫瘍

口の中には、内臓同様、様々な腫瘍が生じることがあります。良性のものや悪性(口腔癌)の発生も認められ、舌、歯肉、頬粘膜、顎骨、唾液腺などに生じます。特徴も様々ですので、異変を感じられた場合は受診をしてください。
また、初期の場合は自覚症状もないことが多いので、定期的な検診も重要になります。

中には今は大丈夫だが、将来的にがんになるかもしれない、「前癌病変」というものもあります。様々な現れ方をするので、気になるものがあれば、お気軽にご相談ください。

親知らず

親知らずは生えていたとしても磨きにくい場所にあるため、磨き残しが原因で虫歯になったりその周りの歯茎が腫れたりしやすいです。また、親知らずの生え方や位置は個人差が大きく、レントゲンを撮って初めて歯茎の奥にとどまっていることがわかることもあります。早く生えてくる人もいれば、生えない人もいます。

生え方によって隣の歯を圧迫して痛みや炎症を生じることもあります。また、周囲に悪影響を及ぼしている場合もあり、抜歯が検討されることもあります。気になる場合は一度ご相談ください。

顎関節症

顎を動かす顎関節は耳の前あたりにあります。こんな症状はありませんか?

  • 口を開けたり閉めたりするときカクッというような音が鳴る
  • 口が開きにくくなった
  • 口を開け閉めすると顎が痛む

上記のような症状がある場合は顎関節症かもしれません。
噛み合わせなどが原因で起こることが多いですが、生活習慣やストレス、姿勢なども考えられます。当院では問診やレントゲンなどを元に、症状や原因を判断し、治療していきます。

また、噛み合わせの状態を把握・再現するために、患者様の歯の模型を取り、咬合器に付け診断し、治療することも行っております(保険外診療となります)。