尼崎市、園田駅徒歩2分の歯医者|アキ歯科クリニック

MENU

Column

コラム

詰め物・被せ物の寿命 自費診療③ジルコニアインレー

Pocket

みなさん、こんにちは!
今回は自費診療の詰め物の最後、【ジルコニアインレー】についてお話していきたいと思います。

ジルコニアインレー 耐久年数10年以上と言われている※メンテナンスをしっかりしていた場合

みなさんは【ジルコニア】という素材をご存知でしょうか?
ジルコニアとは、セラミックの種類の一つで、
人工ダイヤモンドと言われています。
2005年から歯科用ジルコニアセラミックとして採用されていて、
象が踏んでも壊れないという、現在注目されている素材です。
象が踏んでも壊れないって、すごいですよね。
私も聞いたときびっくりしました(笑)
そして2005年からさらに現在ジルコニアは進化しており、
色加工が可能になり(別途費用あり)天然歯により近い色調を
再現できるようになりました。

尼崎市 歯医者 アキ歯科クリニック ジルコニア

ジルコニアインレーのメリット

・強度が強い
→象が踏んでも、、というほどの強さ。セラミックの10倍は硬いと言われることもあります。
・金属アレルギーの心配がない
→体に優しいです。
・変色や経年劣化が少ない
→メタルタトゥーを作らない
・表面につやがある
→プラークがつきにくい

ジルコニアインレーのデメリット

・透明感はオールセラミックには劣る
→2つを並べると色調や透明感はやはりセラミックの方が優っている。
・治療時の研磨や調整が難しい
→人工ダイヤモンドと呼ばれるほど硬い素材なので、微調整が難しく、
ジルコニア専用のバーがあるほどです。
・接着性を保つため歯を削る量が多い(以前に比べると少なく、材料が進歩している)
・強度があると言えども割れることがある
・きちんと調整しないと、噛み合わせの歯に影響がでる
→とても硬い素材なので、噛み合わせが強い場合は影響が出ることも。

治療時の患者様との会話から…

『銀の詰め物の治療をしてきたけど、やっぱり白くしたい。
でも食いしばりがひどいから、セラミックは割れちゃうかな』
これ、私です。実は私もメタルインレーからジルコニアインレーにやりかえました。
くいしばりがひどいので、ずーっと諦めてたんです。セラミック。
その昔、入れたメタルインレー。
患者様に『衛生士さんは歯もきれいなんでしょう』と言われたときは、
『ごめんなさい、きれいじゃないんです。銀の詰め物はいってます(泣)』
大きく笑ったりなんてできませんでした。
そこへ登場したのがジルコニアです。
今では大口を開けて笑えますし、自分の歯をみて頂き、参考にしてほしいほどです。
昔のむし歯が大きく、元々しみる症状も時折ありましたので、
心配もありましたが、いまでは快適に使えています。

治療のご提案

噛み合わせがきつい奥歯や歯ぎしり・くいしばりがある方
お口を開けたときに見える歯をきれいにしたい方
銀の詰め物をやり変えたいなとお考えの方にご提案します。
審美的には白さの透明度や単色であることを考え、小臼歯ではなく、大臼歯がお勧めです。
これは強度の面でも大臼歯がお勧めです。

おすすめポイント

セラミックのなかでも最も強度が高く割れにくい素材のジルコニア。
審美性に関しては、オールセラミックには劣ります。
私がおすすめするとしたら、大臼歯。
歯ぎしりやくいしばりがある方はジルコニアをお勧めします。

気を付けてほしいこと

ここまでセラミック・ジルコニアのお話をしてきました。
耐久年数は10年以上とされ、2次カリエスも防ぐとてもいい素材です。

ですが、セラミック治療をすればむし歯にならないわけではありません。
いい加減なケアや定期的なメンテナンスを受けていなければ、
むし歯や歯周病になる可能性は十分にあります。

詰め物や被せ物の寿命を決めるのは、患者様自身です。
治療が終わってから、どれだけ大切にケアしてメンテナンスできるか。
良い歯を入れたからといって安心せず、長持ちさせることができるように、
メンテナンスしていきましょう!