尼崎市、園田駅徒歩2分の歯医者|アキ歯科クリニック

MENU

Column

 

コラム

歯ブラシ〜ワンタフト(一本ブラシ)について〜

Pocket

みなさん、こんにちは!
アキ歯科クリニックの衛生士です。
ある道具ひとつ取り入れるだけで、磨き残しを半分以下に出来ることができたら、みなさんはどうしますか?

今日はみなさんに、そんなかゆいところに手が届く、ハブラシをご提案させて頂こうと思います。

ちなみにみなさんはハミガキのとき、ハブラシを何本使っていますか?

1本でしょうか、それとも2本でしょうか?
実は私は『2本』使っています。
何でかと言うと、普通のハブラシ1本だけでは、磨きにくいところがあるんです。
めんどくさがりなので、無理して磨きにくいよりも、ものは増えるけど、すぐに綺麗に出来るので、2本使い分けています。

磨きにくいというのも、
歯と歯が重なってたり、
一番奥の歯の奥だったり、
中々、ハブラシが届かないし、
届いてもうまく当てれなくて、
傷にしてしまったり…。

みなさんも、磨いてるのに、磨けてないと言われてしまったり。
歯に当ててるのに歯肉を傷つけていたり。
ご経験、あるのではないでしょうか。

そんな時に使ってほしいもの、それは1本ブラシです。
尼崎市 歯医者 アキ歯科クリニック 歯ブラシ 1本ブラシ
尼崎市 歯医者 アキ歯科クリニック 歯ブラシ 1本ブラシ

このような形をしていて、商品名でいうと、
プラウト・ピーキュア・ワンタフト】など。
各メーカーさんからいろんなものが販売されています。
少し前までは、歯医者さんでしか見かけませんでしたが、みなさんの歯に対する意識の高まりにより、ドラッグストアなど、手に取りやすい商品へ生まれ変わってきています。

そして、このハブラシの良いところは、一番はじめにも書きましたが、『かゆいところに手が届く』です。

歯と歯が重なっているところや、1本孤立して生えている歯。親知らず、根っこだけ残っている歯。
インプラント、歯肉が痩せてしまったところなどへ歯肉を傷つけず、当てたい場所にハブラシを当てることが出来ます。

フラットなものと毛先が尖っているものの2種類あり、インプラントや根っこだけ残ってる歯には、フラットなものがお勧めです。
歯と歯が重なっているところや、親知らずの奥は毛先が尖っているものがお勧めです。

唯一の欠点は、ダイレクトに届く分、当て過ぎてしまうと傷になってしまうこと。
なので、優しい力で磨くことが必須条件です。

ここさえ抑えておけば、みなさんのハミガキの強い味方になること間違いなし!

ではここからは、私のお勧めの磨き方をご紹介します。

①1日1回でOK!

ハブラシ二刀流になることで、めんどくささが出てくると思います。
夜のハミガキにプラスしてもらえるとgood!
※このハブラシを使う方は、きれい好きな方が多く、毎回すると、一生懸命になりすぎて、強く当ててしまい、痛みやしみるなどの症状を、引き起こす事もあるので、1日1回できたら自分を褒めましょう!

②先に1本ブラシで2分磨いて、そのあとハブラシ1分

1本ブラシの立ち位置は仕上げ磨き、なのですが、私は補助用具のフロス→1本ブラシ→ハブラシの順で口腔ケアを行なっています。
先に細かいところをきれいにして、最後にハブラシで仕上げ磨きをします。
この磨き方はスウェーデン式と言われています。

ある研究データでは、普通のハブラシメインで磨いた場合に比べて、1本ブラシメインで磨いた場合、磨き残しが半分以下になったという結果が出ています!!

③当て方はくるくる🌀まわす

ワイパーのような左右の動きで使う。
普通のハブラシは、小刻みに横に動かしますね。
1本ブラシは、くるくるまわす、ワイパーの動き。
この2つの動きをしていきます。

車で例えると、小さくて小回りが効くので、どこまでも行くことができますね!

ここまで読んで頂けたら、1本ブラシの重要性を、ご理解頂けたのではないかと思います。

普段のハミガキ3分の使い方を変えるだけで、磨き残しが半分以下にガラッと変わります。

是非一度、使用してみてください。